STORY

#15
仕組まれた動乱は何を生むのか
    STORY
    ルドルフによってフィノワールの姿を明かされてしまったフィーネは、戦争の責任を責められ国民に断罪される。さらにルドルフは皇女卿の剥奪を宣言し、リュート卿和国は動乱の渦に巻き込まれていくのだった。
    ソーラはルドルフを問いただすと、フィーネ達を撃ち落とした事故もルドルフによって操られていたことを知り、激昂する。しかし、かつてリュート最強と言われたソーラもルドルフには敵わないことを悟ると、エッジャの村人たちの元へ戻り、彼らを守り抜いて命を落とす。
    そしてアタリーは、フィーネの窮地を救うため独立国「グランエッジャ城艦国」を宣言する。
    STAFF
    脚本
    中島かずき
    絵コンテ
    坂田純一
    演出
    尾之上知久
    作画監督
    MARUアニメーション